トトノウの原点

トトノウの原点

島原の道端で見かけた「新たま500円」の看板
その横ではたまねぎ収穫まっただなかの夫婦の姿が

収穫中の玉ねぎを道端で売っている農家さんとそれを買う消費者、
この写真が「トトノウ」の理想であるかのようにに見えました。

こんな光景をみて、ふと学生時代を思い出しました。
地方へ旅に行っては農家さんに声をかけ、美味しい野菜と出会い、
伝わせてもらって、食べさせてもらって、
そんな生活をよくしていたものです。

自らが作った野菜をふらっと通りかかった人が買っていく。
そんな生産者と消費者の距離が近く、よい関係性の農業。

私の原点がここにあり、その想いをトトノウに詰めてきました。
いまの時間に追われている毎日の中で、

この光景が創業当初を振り返るきっかけとなりました。

当初の考えを忘れずに、より消費者の近くに農業を、
まだまだやらなければならないことばかりです。

Share post

Start typing and press Enter to search

Shopping Cart

カートに商品がありません。

Cart 元に戻す。 Undo
  • カートに商品はございません。